社員エピソード

社員エピソード

Episode 2

和田 恵人事部
人事課兼監査課
総合職・係長

はたらく人の人生に、本気で向き合う。

小さな不安も、取り除きたい。

浜学園に入社して14年になります。人事課への異動前は、他部門でアルバイト講師の採用・研修や自学自習型教室の運営を担当したこともありました。様々なキャリアを経て、出産も経験し、現在は社会保険業務全般や講師アンケートの集計、女性活躍推進の活動などが主な仕事です。特に最近は、産休・育休の整備に力を注ぎ、ガイドラインを人事課以外の方も巻き込んで作り上げました。各種フォーマットはもちろん、妊娠したらまずは何をしたら良いか?というところから、復職にあたって必要な知識、保育所探しのポイントも網羅したものです。妊娠・出産は、当事者はもちろん、周りの職員もわからないことが多いので、その不安を少しでも取り除きたいと思っていました。難しい仕事でしたが、会社として出産や育児を温かく応援しているという姿勢を示すものができたと思います。

和田 恵 人事部人事課兼監査課総合職・係長

「対子ども」から、「対社員」へ。仕事は違っても、気持ちは同じ。

人事課に異動になったことは、私の中で大きなターニングポイントでした。以前は生徒と接する機会が多かったので、最初は社員の方の名前すら分からないという状態でした。かかってくる電話は全部自分が出るくらいの気持ちで、お一人おひとりのことを必死で覚えました。さらに、社員の皆さんと積極的に話す機会をつくっていきました。普段はあまり話したことがない方でも休憩室で出会った際に、「ご飯を食べながらお話ししませんか?」とお声がけをしたこともあります。とにかく、声のかけやすい存在になれるよう意識しました。人事に相談したいことは妊娠・出産、怪我や病気など人生に関わる話が多いです。ただでさえ緊張されると思うので、「この人になら受け入れてもらえそう」という雰囲気でいることが大事。不安な部分を一緒に寄り添うような形で、「自分もわからなかったらどうするだろう?」という気持ちを持って接するように心がけています。以前、生徒の保護者の方に寄り添いお悩みや不安のご相談にのっていた時と、相手は違いますが、気持ちは同じかもしれません。

和田 恵 人事部人事課兼監査課総合職・係長

さらに、いきいき働ける会社へ。

浜学園で働いている人がみんな、今以上にいきいき働ける会社にしていきたい、というのが私の願いです。働く一人ひとりがいきいきとしていると、生徒や保護者の方にも伝わり、浜学園という場がより魅力的になるはずです。勉強して人事としての知識を増やしていきながら、さらに深い話を社員の皆さんとできるようになりたいですね。浜学園は「これをやりたい!」と強く思ったことを、最後までやらせてもらえる会社です。そんな会社のポテンシャルを引き出すためにも、社員の一人ひとりの人生に、深く、本気で向き合っていけたらと思います。

和田 恵 人事部人事課兼監査課総合職・係長